産後うつによる心のブルーを克服|元気なメンタルに変わる

女性

産後に陥る症状

笑顔の女性

漢方薬が人気

出産後、産後うつになるのはホルモンのバランスが崩れやすいことに加え、育児が大変で自分の時間が持てなくなったりと様々な理由が考えられます。早ければ出産後1か月ほどで産後うつの症状があらわれることもあります。産後うつはうつ病の一つなので、きちんと精神科や心療内科でカウンセリングを行うことが大切です。産院や産婦人科などで、検診の際などに産後うつの症状を訴えれば、紹介状などを書いてくれるので安心です。また症状によっては薬が処方されることがあります。眠れない場合に処方される睡眠導入剤などを飲めば、しばらくの間授乳することはできません。授乳中の場合で薬は避けたいというなら、漢方薬が処方されることもあります。漢方薬が人気なのは、赤ちゃんへの影響がないだけでなく薬に抵抗がある人からも好まれているからです。それぞれ産後うつの症状によって、服用する漢方も違ってくるため精神科や心療内科でしっかりとカウンセリングしてもらうことがまずは大切です。それぞれの症状に合ったものを服用すれば、治りも早いからです。

早めに気づくことが大切

産後うつで注意することはいくつかあります。初めての出産や育児などでうつになるというイメージがありますが、出産を経験している経産婦も症状が出ることがあります。子供も一度出産しているから大丈夫、と油断していると産後うつになることもあるため注意しなければいけません。また、産後ではなく妊娠中からずっとうつの状態が継続しているという場合もあります。自分がその状態に気づくのはもちろん、周りが気を付けてあげなければいけません。家族のサポートが必要になるため、育児から解放して自由な時間を作ってあげることも大切です。近くに家族がいない場合は、子育て支援の電話相談室やコールセンターなどに聞いてもらうことでスッキリすることもあります。出産前にこのような施設や電話番号などを調べておくと、いざ産後うつになってしまったときにも素早く対応することができます。妊娠中や産後のカウンセリングを行っている産院や心療内科、精神科などもあるので、初期症状のうちに診てもらうことが大切なのです。