産後うつによる心のブルーを克服|元気なメンタルに変わる

女性

カウンセリングで改善も

女医

ホルモンと環境の変化

待ち望んだ赤ちゃんが生まれて、本当は幸せの絶頂にあるはずなのに、どうしてだか気持ちが晴れなかったり落ち込んでしまったりする状態が長く続くのであれば、産後うつかもしれません。初めての出産であれば、わからないことだらけで不安やプレッシャーも大きいいでしょう。母親である自分がしっかりしなくては、という強い責任感から誰にも相談できない人もいるようです。そのような不安や緊張状態が続くことで、症状が悪化していくこともあります。もともと、出産後の女性は、ホルモンバランスの急激な変化によって体調を崩しやいようです。心も同じように急激な変化に対応しきれずに、バランスを崩していまいがちです。このように、外的要因と内的要因が重なりあうことで、産後うつを発症しやすくなります。産後うつは、うつ病の一種だと言われています。産後うつの症状やセルチェックについては、インターネットで検索すると簡単に見つかります。少しでも思い当たる症状があれば、精神科や心療内科で診察を受けてみることをおすすめします。

長期化する前に治療を

産後うつの症状が起こる時期は個人差もありますが、早い人では出産後2週間目ごろからの人もいるようです。そうかと思えば3か月目ごろから症状が現れる人もいるようです。1か月で症状が緩和される人もいれば、もっと長くかかる人もいます。産後うつは、精神科や心療内科で話を聞いてもらうだけで、症状が和らぐケースもあります。出産後は、赤ちゃんのお世話に追われ、悩みを誰にも相談できていないことも多いようです。症状が重い場合は、薬物療法も行われます。なぜなら産後うつが長期化したり悪化した場合、うつ病に移行してしまうケースがあるからです。薬物療法は母乳に影響が及ぶのでは、と心配される人もいます。医師に相談すると、授乳中でも服用できる薬を処方してくれるでしょう。産後うつを治療するには、家族の理解と協力も大切です。ほんの1時間だけでも、一人で外出できる時間があると、随分と気持ちが楽になるようです。又、どうしてもこの時期は睡眠不足になりがちです。家族に協力してもらって、時にはぐっすり眠る時間を確保してください。