産後うつによる心のブルーを克服|元気なメンタルに変わる

一人で悩まないで産後うつの解決法

出産後に現れるうつ症状

医者

産後に現れやすい精神症状

出産後の女性の体は、ホルモンバランスが急激に変化し、出産による負担も相まって精神的にとても不安定な状態となります。さらには子育てからくるストレスや睡眠不足、将来への不安なども絡み合い、産後に「うつ症状」となる女性が殆どなのです。この産後に現れる、うつ症状を「産後うつ」と言います。産後うつによる精神症状の程度は個人差が大きく、自身での判断が難しいかもしれませが、精神的に不安定だと少しでも感じたらすぐに精神科や心療内科に相談をしてみましょう。産後うつは治療できる「病気」ですので、早期対応・早期治療が何よりも重要なのです。産後うつの症状ですが、気分が常に落ち込んでいる、何事に対しても興味が湧かない、疲労感がとれない、性欲がないといった、うつ症状が主になります。またすぐにイライラして物に当たる、夫に愛情が湧かず八つ当たりばかりする、子供にすぐに怒鳴ってしまうなど、攻撃的になる場合もあります。たとえ軽度であっても、これらの症状を抱えこんでいると、死んでしまいたいという考えに至るケースもあるのです。

産後のうつ症状の治療法

産後うつとなる原因の1つが「急激なホルモンバランスの変化」とされています。妊娠中はエストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されているも、出産後はこれらの女性ホルモンの分泌量が急激に低下するのです。体内・脳内のホルモンバランスが急に変化することで、気分の落ち込みや攻撃的な症状が現れてしまうと考えられています。このホルモンバランスの変化に加え、出産後のママは疎通がとれない赤ちゃんと24時間一緒に過ごさなければならず、ストレスも溜まっていきます。さらに生まれたばかりの赤ちゃんは外出も控えないといけないので、どうしても家に引きこもりの生活となります。これらのストレスや引きこもることによる孤独感も、産後うつの発症に大きく影響しているのです。精神科・心療内科での産後うつの治療は、症状の程度によってその治療法も異なります。精神的な症状が軽度の場合は、カウンセリングや対話療法が基本となります。現在抱えている悩みや不安を、専門医に相談するだけでも、症状の改善が見られるケースも少なくありません。うつ症状が重度の場合は、抗うつ剤や精神安定剤などの「薬物療法」が検討されます。

産後は無理をしないこと

悩む女の人

産後うつは、産後に発症するうつ病です。産後は出産のダメージが抜けずホルモンバランスも乱れている中、昼夜問わずの育児が始まるため、疲れやストレスがたまるとうつ病を発症しやすくなります。また、子供を可愛く思えないなどの特徴的症状もあります。

もっと読む

出産後に増える症状

カウンセリング

近年、産後うつにかかる人が増加傾向に有ります。産後うつとは、子供の出産後に精神的に無気力になる症状です。その原因は、子供を育てることも不安、出産の疲れによるものです。治療のためには、休みを取ったり、心療内科に行く事が大事です。

もっと読む

産後に陥る症状

笑顔の女性

産後うつを解消するのに人気なのは、漢方薬を服用することです。授乳中でも服用することができ、薬に抵抗がある人にも好まれているからです。また、産後うつは周りのサポートが大切なため、一人の場合はコールセンターやカウンセリングなどで妊娠中から対策しておくことが必要です。

もっと読む

出産後の不調に対処する

ウーマン

産後うつは、妊娠中やその前から発症を予防するために知識を身につけたり夫婦間での連携を強めていくことが大事になります。発症したら、医療機関を受診して休養を取り栄養のある食事もしっかり摂るように心がけます。

もっと読む

カウンセリングで改善も

女医

産後うつは、ホルモンバランスと環境の急激な変化とが重なることで、発症しやすいようです。出産後2週間目ごろから症状が現れる場合もあれば、3カ月目ごろから現れる場合もあり人それぞれです。産後うつが長期化すると、うつ病に移行する場合がありますので、早めに治療が必要です。精神科や心療内科で治療ができます。

もっと読む